Search this site
むりなく たのしく 生きること
<< 一週間 | TOP | 寝る前に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
かなちゃんとカイト
 月曜日。スイスから うれしいお客さまが来てくれました。
 ムサビの同級生かなちゃんと、息子のカイト君3歳。
 かなちゃんは旅先のモロッコで今の旦那さまと運命的に出会い、結婚して、今はスイスで暮らしています。
 今回はカイトと2人で2ヶ月間の日本滞在。
 東京から生まれ育った長崎の佐世保へ帰る列車の旅の途中で、昔ながらの日本の風景を息子に見せたいと、わざわざ飛騨高山まで遊びに来てくれました。
 高山駅に着いたのは夜の8時で、すっかり真っ暗になった我が家に着いたカイト君。
 大好きなトトロのサツキちゃんとメイちゃんが住んでるみたいな家を とっても気に入ってくれて
 竜也くんが薪でお風呂を沸かしてたら
 「まっくろくろすけ いるよ。見えるよ。」って。
 やっぱり子供には見えるんだー
 「トトロはもう森に帰っちゃった」んだって。
 
 長旅の疲れを癒しにみんなで奥飛騨温泉郷の平湯温泉へ。
 http://www.hirayunomori.co.jp/
 ここは源泉かけ流しのきれいな白濁色の温泉で、内風呂も広くて清潔だし 露天風呂もたくさんあるのに たったの500円で日帰り入浴できる、とってもすてきな温泉です。
 カイトは温泉は入ったことあったけど、雪の中の温泉は初めてだったみたいで大興奮。
 外と中を何度も行ったり来たりして全部のお湯に入って楽しそう。
 あさこたちも ゆっくりのんびり温泉に浸かれて しあわせでした。
 夜はみんなで日本の食卓を囲み、カイトのピアニカ演奏やたのしいおしゃべり。
 もっとゆっくり いろんなことを話したかったけれど、あっという間の2泊3日でした。

 3日目の朝、高山駅に送りがてらみんなで古い町並みをお散歩。
 竜也くんもすっかりカイトと仲良くなって、ふたり手をつないで氷の上を滑って歩いたり走ったり 楽しそうにはしゃいでて可愛かった。
 かなちゃんはスイスで自分で麹から味噌を手作りしたりしているので、飛騨のお味噌やお醤油にも興味があるみたいだったし、高山を気に入ってもらえたみたいでよかったです。
 あさこも憧れのスイスに行きたい気持ちが一気に膨らんじゃった!
 今度はあさこたちが、かなちゃんファミリーに会いにスイスへ行けるといいなー☆
 短い時間だったけど、2人が来てくれてほんとに楽しかったからバイバイしてとっても寂しい。。。
 家に着いてからも、かなちゃんと可愛いカイトの話をしています。
 今頃2人は奈良?神戸かな?
 
 かなちゃん、来てくれて本当にありがとう。
 引き続き旅を楽しんで!
 次はぜひ、旦那さまと3人で、ゆっくり遊びにきてね〜 





 





 
posted by せきどあさこ | 14:36 | - | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 14:36 | - | - | - |
コメント
はろ!
みてるよブログ〜(^з^)-☆

わぁー!
かなちゃんのむすこー!
すごいねぇ、もうこんなに
大きいんだ〜☆彡

いろんな国や街の
みんなの子があつまる
すてきな飛騨高山のおうちに
なったら楽しいね!

ぜひ花と三人で
いや、よこざわファミリーも一緒に
いくぞー!
2011/02/03 21:33 by 雪
はろー
見てくれてるのね。ありがと!
可愛いかったよーカイトくん。
ほんと、みんなが子連れでのんびりしに来られるお家にしたいな。
ちょっと遠いけど、
夏なら3家族くらい泊まれるから
大勢で囲炉裏でワイワイしたいね〜っ
2011/02/04 00:44 by asako
あさこちゃん、早速ブログUPありがとう。

やっぱり、2泊は短かかったー
特に飛騨には、学びたいこともたくさんありそうだったし、私の好きな食材も!
温泉の濃さにもビックリでした。
カイトを寝せたあとに、ゆっくりとあさこちゃんと話したかったのに
ノックアウト、あんなにぐっすりと、寝た夜も私にとっては珍しかったの。
実は、不眠気味な私なんだけど、温泉地に引っ越すの、本気で考えてしまってます。

雪ちゃんへ、
雪ちゃんも、ママになったのね!赤ちゃん見たいなー
カイトくん、大きくなっててびっくりでしょ!赤ちゃんや子供の成長は、あっというま。
ため息がでることもたくさんだけど、
毎日を大切に子育てしましょー
赤ちゃんだったカイトがすでに
懐かしいんだよーーー&#8252;



2011/02/14 22:15 by かな
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sunnilyvalley.jugem.jp/trackback/10
トラックバック